研究業績(大橋正良分)

著書

Matching entries: 0
settings...
Ohashi M (2009), "Japanese Ubiquitous Network Project: Ubila", In AISE Handbook (Handbook on Ambient Intelligence and Smart Environments). , pp. 1223-1250. Springer.
大橋正良 (2009), "逐次復号法", In 知識ベース「知識の森」. 電子情報通信学会.
Ohashi M (2008), "Mobile Internet Deployment in Japan", In Broadband Internet Deployment in Japan. , pp. 24-37, 43-61. オーム社.
大橋正良、平田康夫 (2003), "符号理論とその応用", In 情報理論とその応用シリーズ 3. , pp. 26-32. 培風館.
大橋正良、笹野博 (2003), "符号理論とその応用", In 情報理論とその応用シリーズ 3. , pp. 81-100. 培風館.
安田豊、大橋正良 (2003), "符号理論とその応用", In 情報理論とその応用シリーズ 3. , pp. 190-211. 培風館.
大橋正良 (2002), "第3世代モバイル/ワイヤレスLAN の新しいセキュリティ技術", In ワイヤレス・ブロードバンド教科書. , pp. 437-462. IDG.
Ota S, Yoneyama A, Warabino T, Morikawa D, Ohashi M, Nakamura H, Iwashita H and Watanabe F (2002), "Transcoding for the Mobile Internet: The case of Video Transcoding", In Wireless IP and Building the Mobile Internet., December, 2002. , pp. 571-585. Artech House.
大橋正良 (2001), "ネットワーク", In モバイル・グローバル通信-移動通信開発の国際戦略と展望-., June, 2001. コロナ社.
大橋正良、水野俊夫 (1996), "衛星・移動通信技術への符号理論の応用", In 誤り訂正符号とその応用. , pp. 245-264. オーム社.
平田康夫、大橋正良 (1995), "誤り訂正符号の応用", In 数理情報科学事典. , pp. 10-12. 朝倉書店.
ロイ D・ロスナー(翻訳:平田康夫、安田豊、大橋正良) (1984), "高度総合通信ネットワーク -衛星通信とパケット交換-" 啓学出版.
Matching entries: 0
settings...
Ohashi M and Kawanishi N (2015), "Ambient sensor network technologies for global connectivity support", IEICE TRANSACTIONS on Communications., September, 2015. Vol. E98-B(09)
Tang S, Yomo H, Hasegawa A, Shibata T and Ohashi M (2014), "Joint Transmit Power Control and Rate Adaptation for Wireless LANs", Wireless Personal Communications (Springer)., January, 2014. Vol. 74(Issue 2), pp. 469-486.
Shagdar O, Thang S, Hasegaway A, Shibata T, Ohashi M and Obana S (2012), "Association Control for Wireless LANs: Pursuing Throughput Maximization and Energy Efficiency", International journal on advances in networks and services., December, 2012. Vol. 5(3\&4)
Yamaguchi A, Ohashi M and Murakami H (2005), "Autonomous Decentralized Control in Ubiquitous Computing", IEICE TRANSACTIONS on Communications(Invited)., December, 2005. Vol. E88-B, pp. 4421-4426.
Watanabe F, Ohashi M, Nakamura H and Iwai H (2003), "Expectations on Software Defined Radio (SDR) in Standardization Fora on Future Mobile Communication Systems", IEICE TRANSACTIONS on Communications., December, 2003. Vol. E86-B, pp. 3366-3373.
森川大補、太田慎司、山口明、大橋正良 (2002), "ベストエフォート型移動通信におけるフィードバック型動画像ストリーム制御の検討", 情報処理学会論文誌., December, 2002. Vol. 43, No.12, pp. 3828-3837.
椿山英樹、大橋正良、古賀敬一郎 (1993), "相互認証/暗号鍵配送方式", 信学論(D) (レター)., December, 1993. Vol. J76-D1, pp. 698-701.
椿山英樹、大橋正良、古賀敬一郎 (1993), "安全な相互認証/暗号鍵配送方式およびICカード実験システムへの実装", 信学論(D) (レター)., December, 1993. Vol. J76-D1, pp. 695-697.
大橋正良、安田豊 (1992), "ビット誤り率を最小化する畳込み符号の復号アルゴリズムとその応用", 信学論(A)., August, 1992. Vol. J75-A(8), pp. 1233-1239.
大橋正良、安田豊 (1990), "フィードバック付たたみ込み組織符号を用いたシンドローム逐次復号法", 信学論(A)., February, 1990. Vol. J73-A(6), pp. 306-313.
安田豊、大橋正良、菅谷史昭、冲中秀夫 (1989), "海事衛星通信におけるディジタル信号伝送特性", 信学論(B)., July, 1989. Vol. J-72-B-II, No.7, pp. 290-296.
大橋正良、平田康夫 (1986), "連続復号を可能とするスタックアルゴリズム型逐次復号法", 信学論(A)., December, 1986. Vol. J69-A(12), pp. 1586-1593.
大橋正良、平田康夫 (1986), "逐次復号法におけるビット誤り率特性の評価", 信学論(B)., June, 1986. Vol. J69-B, pp. 591-597.
Matsumoto H, Ohashi M and Omura Y (1984), "A computer simulation study Hook-Induced electrostatic bursts observed in the magnetosphereby the ISEE Satellite", J. Geophys. Res.. Vol. 89, pp. 3873-3881.
Matching entries: 0
settings...
FURUKAWA R, TANG S, KAWANISHI N and OHASHI M (2013), "Evaluation and Analysis of Correlation in Reflected Signals and Its Application in Cooperative Relative Positioning", In 20th ITS world congress Tokyo 2013. Tokyo, October, 2013.
Tang S, Kubo N and Ohashi M (2012), "Cooperative Relative Positioning for Intelligent Transportation System", In IEEE ITST 2012. Taipei, Taiwan, November, 2012.
Ohashi M (2011), "Introduction of ubiquitous service platform project CUBIQ", In The 10th International Symposium on Autonomous Decentralized Systems (ISADS 2011). Kobe,, June, 2011. , pp. 456 - 461.
Ohashi M (2011), "(Invited) Service platform for supporting multi-domain networks and devices", In Asia-Pacific Network Operations and Management Symposium (APNOMS) 2011. Taipei, September, 2011.
Ohashi M (2011), "Web services migrating with the real world", In The 15th East Asia Round Table Meeting (EA-RTM). Pusan, Korea, October, 2011.
Ohashi M (2010), "Cross Ubiquitous Platform (CUBIQ); Ubiquitous Network across Multiple Domains", In Context-awareness in Smart Environments, Pre-Conference Workshop For Future Network & Mobile Summit 2010. Florence, Italy, June, 2010.
Ohashi M (2010), "Ubiquitous service platform R&D activities in Japan -integrating Sensors and Sensor Networks", In National Seminar on Wireless Sensor Technology (Keynote Speech). Putrajaya, Malaysia, July, 2010.
Kawanishi N, Miyamori Y and Ohashi M (2009), "A Resource Oriented Personal Profile Database for Ubiquitous Service Platform", In in adjunct proceedings of the Seventh International Conference on Pervasive Computing (Pervasive 2009)(poster). Nara、Japan, May, 2009.
Miyamori Y, Kawanishi N and Ohashi M (2009), "A controlling method for obtaining real-time sensing data with REST based interface", In ITC-CCSC2009. Jeju Island, Korea, July, 2009.
Kawanishi N, Senke N, Shindo A, Sugiyama K, Ohashi M and Morikawa H (2007), "A TV Presence Sharing System between Smart Spaces and Mobile Phones", In UCS2007 (Poster). Tokyo, November, 2007.
Minamikawa A, Kotsuka N, Honjo M, Morikawa D, Nishiyama S and Ohashi M (2007), "RFID Supplement for Mobile-Based Life Log System", SAINT2007 Workshop., In SAINT2007 Workshop. Hiroshima, January, 2007.
Morikawa D, Kotsuka N, Minamikawa A, Nishiyama S and Ohashi M (2007), "Exploring User Relationship Based on Favorite Objects in Cell Phone Based Life Log Data", Ubicomp 2007., In Ubicomp2007 at Late Breaking Results. Innsbruck, Austria, September, 2007.
Shindo A, Sugiyama K and Ohashi M (2007), "User-Oriented Design of Integrated Received Message Management", In UCS2007(Workshop). Tokyo, November, 2007.
Morikawa D, Honjo M, Yamaguchi A, Nishiyama S and Ohashi M (2006), "Cell-Phone Based User Activity Recognition, Management and Utilization", In MDM2006 (Demo). Nara, Japan, May, 2006.
Morikawa D, Honjo M, Nishiyama S and Ohashi M (2006), "Mobile Web Publishing and Surfing Based on Environmental Sensing Data", In WWW2006 (Posters). Edinburgh Scotland, May, 2006.
Nishiyama S, Fukuoka H, Ohashi M and Murakami H (2006), "Combining RFID Tag Reader with Mobile Phone: An Approach to Realize Everyone's Ubiquitous Appliances", ISPACS 2006., In 2006 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS 2006). Yonago, Japan, December, 2006.
Honjo M, Morikawa D, Yamaguchi A and Ohashi M (2005), "Profile Blog : Blog-based Life Log Viewer Capable of Profile Associations", In ACM Mobisys2005, poster. Seattle, June, 2005.
Morikawa D, Honjo M, Yamaguchi A and Ohashi M (2005), "A proposal of user profile management framework for context-aware service", In SAINT 2005 workshop. Trento, Italy, June, 2005.
Morikawa D, Honjo M, Yamaguchi A and Ohashi M (2005), "User Profile Acquisition,Management and Its History Visualization via a Cell Phone", In Ubicomp 2005 (Adj.Proceedings by DVD) demonstration session. Tokyo, September, 2005.
Morikawa D, Honjo M, Yamaguchi A and Ohashi M (2005), "Profile Aggregator:User Profile Management Server and Its Application -Shopping Navigation Service Scenario-", In MobiQuitous 2005 demonstration session. San Diego, July, 2005.
Morikawa D, Honjo M, Yamaguchi A and Ohashi M (2005), "A Design and Implementation of a Dynamic Mobile Portal Adaptation System", In WPMC2005. Aalborg, Denmark, September, 2005.
Ohashi M, Murakami H, Asami T, Arutaki A, Chujo T, Oie Y, Tokuda H and T.Aoyama (2005), "Introduction of research activities toward the ubiquitous network in Japan", In APCC2005 (Keynote Speech). Perth, Australia, October, 2005.
Yamaguchi A, Honjo M, Morikawa D, Ohashi M and Obana S (2005), "Basic Evaluation of Spread of Information on RFID Tag", In WPMC2005. Aalborg, Denmark, September, 2005.
Hamai T, Nakajima I, Ohashi M and Murakami H (2004), "Ubiquitous mobile solution - views from a mobile operator", In PISTA 2004. Orlando, Florida, July, 2004.
Morikawa D, Honjo M, Kotsuka N, Yamaguchi A and Ohashi M (2004), "Profile aggregation and dissemination; a framework for personalized service provisioning", In Ubicomp 2004 workshop. Nottingham, England, September, 2004.
Ohashi M, Yamaguchi A, Kotsuka N, Iriuchijima Y and Hamai T (2004), "Basic concept of a message / presence service over RFID with mobile terminals", WTC., In WTC/ISS 2004 (Posters). Seoul, September, 2004.
Ohashi M, Hamai T and Murakami H (2004), "Introduction of ubiquitous networking project "Ubila" - Present status of ubiquitous", In CITSA 2004. Orlando, Florida, July, 2004.
Ohashi M, Yamaguchi A and Hamai T (2004), "Ubiquitous networking and services - enablers for new era", ITU Telecom Asia., In ITU Telecom Asia 2004. Busan, Korea, September, 2004.
Ota S, Shimizu A, Yamazaki S and Ohashi M (2004), "Proposal of Paper-based Cross-Media Cooperation System", In MDM2004. Berkeley, California, January, 2004. , pp. 152-157.
Honjo M, Morikawa D, Yamaguchi A and Ohashi M (2003), "RFID tag based context gathering approach to implement context aware services", In WPMC 2003. Yokosuka, October, 2003. Vol. vol. 3, pp. 496-500.
Idoue A, Kubo T, Yokota H, Hasegawa T and Ohashi M (2003), "Global Roaming among Mobile IP Networks Operated by Different Administrative Domains", In WCNC2003. New Orleans, U.S.A., March, 2003. , pp. 1993- 1998.
Morikawa D, Honjo M, Yamaguchi A and Ohashi M (2003), "Service platform for exchanging context information", In Adj. Proc. Ubicomp2003, pp. 189-190. Seattle, October, 2003.
Shinbo H, Idoue A, Hasegawa T and Ohashi M (2003), "Evaluation of TCP Performance on cdma2000 1X system using Comuputer Simulation", In ICT2003. Tahiti, Papeete, French Polynesia, February, 2003.
Yamazaki S, Ota S and Ohashi M (2003), "Consideration of a Mobile Application Download Scheme", In WPMC2003. Yokosuka, October, 2003.
Morikawa D, Ota S, Yamaguchi A and Ohashi M (2002), "A feedback rate control of video stream in best-effort high-speed mobile packet network", In WPMC2002. Honolulu, Hawaii, October, 2002.
Ota S, Morikawa D, Yamazaki S and Ohashi M (2002), "A multimedia contents handling environment for mobile computing", In GLOBECOM2002. Taipei, November, 2002. , pp. 1759 - 1763 vol.2.
Morikawa D, Nakamura H, Ota S, Warabino T, Sakazawa S and Ohashi M (2001), "Mobile Video Transcoding Gateway System based on Layered Multicast", In 3Gwireless'01(IEEE International Conference on Third Generation Wireless and Beyond). San Francisco, U.S.A., June, 2001.
Ota S, Warabino T, Morikawa D, Ohashi M, Nakamura H, Iwashita H, Watanabe F and Yoneyama A (2001), "Features of Video Transcoding System for Mobile Internet Access", In WPMC2001. Aalborg, Denmark, September, 2001.
Ohashi M, Nemoto T, Suzuki K and Kudo M (2000), "Removable User Identity Module (R-UIM) for ANSI based third generation systems", In VTC-2000 Spring. Tokyo, May, 2000. Vol. vol.3, pp. 2334-2338.
Warabino T, Ota S, Morikawa D, Nakamura H, Iwashita H, Ohashi M and Watanabe F (2000), "Video Transcoding Proxy for Mobile Internet Access", In 3Gwireless'00 (IEEE International Conference on Third Generation Wireless and Beyond). Silicon Valley, U.S.A., June, 2000.
Ito Y, Ohashi M and Watanabe F (1998), "Global Personal Roaming - beyond regional system boundaries -", In PTC'98 (Pacific Telecommunications Council). Hawaii, January, 1998. , pp. 271-278.
Ota S and Ohashi M (1998), "A User Information Offering Supplementary System for Mobile Packet Data Network", In MDMC (The 3rd International Symposium on Multi-Dimensional Mobile Communications). Menlo Park, CA USA, September, 1998. Vol. 1, pp. 186-190.
Yamaguchi A, Ota S, Ito Y, Ohashi M and Watanabe F (1997), "Inter-system mobility and service management in GSM/PDC roaming", In Globecom'97. Phoenix, Arizona, November, 1997. Vol. 2, pp. 694-698.
Nodera Y, Ohashi M, Sakai S, Suzuki S, Yamaguchi A and Mizuno T (1995), "Interworking between GSM and PDC through IC cards", In ICC95. Seattle, June, 1995. Vol. 2, pp. 761 - 765.
Yamaguchi A, Nodera Y, Ohashi M, Sakai S, Watanabe F and Mizuno T (1995), "Interoperability of PDC with GSM", In ICUPC'95. Tokyo, JAPAN, November, 1995.
Ohashi M and Suzuki T (1992), "An architecture and implementation consideration of a stack sequential decoder for satellite communications", ICDSC9., In Proc. 9th Int. Conf. on Digital Satellite Commun.(ICDSC9). Copenhagen, May, 1992.
Yasuda Y, Ohashi M, Sugaya A, Yasunaga M and Karasawa Y (1989), "Field experiment on digital maritime and aeronautical satellite communication systems using ETS-V", ICC89., In Int.Conf. on Commun. (ICC'89). Boston, June, 1989.
Ohashi M, Yasuda Y and Hirata Y (1988), "Development of a variable rate syndrome sequential decoder based on a stack algorithm", Globecom'88., In GLOBECOM '88. Hollywood, Florida, December, 1988.
Ohashi M and Yasuda Y (1988), "Syndrome Sequential Decoding for Systematic Convolutional Codes with Feedback", ISIT'88., In ISIT'88 (International Synposium on Information Theory). Kobe, June, 1988.
Yasuda Y, Ohashi M, Sugaya F and Hirata Y (1988), "Technical design and service aspects of digital mobile satellite communication systems", ICC88., In Int.Conf. on Commun. (ICC'88). Philadelphia, U.S.A., June, 1988. (34.2.1), pp. 1094-1099.
Yasuda Y, Ohashi M, Sugaya F and Hirata Y (1988), "Technical design and performance analysis of aeronautical satellite communication systems", In 4th International Conference on Satellite Systems for Mobile. London, U.K., October, 1988.
Yasuda Y, Ohashi M, Sugaya F, Okinaka H and Hirata Y (1987), "Field Experiment on Digital Maritime Satellite Comunication Systems", Globecom'88., In Globecom '87. Tokyo, Japan, November, 1987. (42.4), pp. 1660-1665.
Matching entries: 0
settings...
大橋 正良、平田紀史、吉原貴仁 (2015), "無線ネットワークを介したアクチュエータの反応特性", 2015年電子情報通信学会総合大会., March, 2015. , pp. B-18-14.
今井必生、古川壽亮、川西 直、長谷川晃朗、大橋正良、武内良男、堀越 勝 (2015), "スマートフォンによる認知行動療法アプリの効果", 2015年電子情報通信学会総合大会. , pp. B-18-28.
大橋正良 (2014), "センサネットワーク発展に向けたビッグデータ利活用", 2014年電子情報通信学会総合全国大会シンポジウム. , pp. BI-7-1.
古川玲、湯素華、川西直、大橋正良 (2013), "3次元建物データとレイトレースシミュレータを用いた都市部でのGPS測位におけるマルチパス波の相関性評価", 2013年電子情報通信学会総合大会.
堀瑞研志、高草木恵二、長谷川晃朗、柴田達雄、大橋正良 (2013), "広帯域離散OFDM利用を想定した電波観測実験", 2013年電子情報通信学会総合大会.
川西 直 、長谷川晃朗、今井必生、大橋正良、古川壽亮 (2013), "携帯端末を活用した認知行動療法支援基盤の構築", 2013年電子情報通信学会総合大会.
木村貴寿、長谷川晃朗、四方博之、湯素華 、伊藤哲也、大橋正良 (2013), "Radio-On-Demand WLAN用ウェイクアップ受信機のための間欠動作省電力方式の実験評価", 2013年電子情報通信学会総合大会.
流田理一郎、長谷川晃朗、柴田達雄、大橋正良 (2013), "広帯域離散OFDMのための周波数帯域に対するビット誤り率特性評価", 2013年電子情報通信学会総合大会., March, 2013.
流田理一郎、長谷川晃朗、柴田達雄、大橋正良 (2013), "広帯域離散OFDMによる周波数有効利用の一検討", 信学技報(SR)., February, 2013.
柴田達雄、流田理一郎、高草木恵二、長谷川晃朗、大橋正良 (2013), "広帯域離散OFDM技術による空き周波数の有効利用", 2013年電子情報通信学会総合大会.
湯素華、川西直、古川玲、大橋正良 (2013), "高精度相対測位における疑似距離送信の効率化について", 2013年電子情報通信学会総合大会.
湯素華、筒井英夫、大山卓、大橋正良 (2012), "協調測位における疑似距離相関性の判断手法", 2012年電子情報通信学会総合大会., March, 2012. , pp. A-17-13.
筒井英夫、湯素華、大山卓、大橋正良 (2012), "屋外でのGPS受信ログを用いた協調測位方式の評価", 2012年電子情報通信学会総合大会., March, 2012. , pp. A-17-14.
古川玲、川西 直 、流田理一郎、長谷川晃朗、柴田達雄、大橋正良 (2012), "多段接続されたトラフィック分散制御機構間の協調動作に関する一検討", 2012年電子情報通信学会総合大会., March, 2012. , pp. B-17-41.
澤健太郎、長谷川晃朗、柴田達雄、大橋正良 (2012), "公衆自営連携コグニティブ無線アクセスネットワークにおけるQoS制御方式の実装評価", 2012年電子情報通信学会総合大会., September, 2012. , pp. B-17-43.
流田理一郎、長谷川晃朗、柴田達雄、大橋正良 (2012), "無線アクセスネットワークのための省電力制御における特性評価", 2012年電子情報通信学会総合大会. , pp. B-5-156.
流田理一郎、長谷川晃朗、柴田達雄、大橋正良 (2012), "アクセスポイントを共用する無線アクセスネットワークにおける省電力制御方式の特性評価", 信学技報(RCS)., March, 2012. Vol. 111(451), pp. 205-210.
川西 直 、玉井 森彦、古川玲、長谷川晃朗、柴田達雄、大橋正良 (2012), "公衆自営連携コグニティブ無線アクセスネットワークにおけるサービスエリア構成がトラフィック分散方式に与える影響", 2012年電子情報通信学会総合大会. , pp. B-17-42.
木村貴寿、近藤良久 、四方博之 、湯素華 、伊藤哲也、大橋正良 (2012), "Radio-On-Demand WLAN用ウェイクアップ受信機の省電力化に関する検討", 信学技報(NS)., March, 2012. Vol. 110(448), pp. 135-140.
木村貴寿 、長谷川晃朗、四方博之、湯素華、伊藤哲也、 大橋 正良 (2012), "Radio-On-Demand WLAN用Wake-up受信機に対するDuty-Cyclingの影響に関する一検討", 信学技報(RCS)., October, 2012. Vol. 152, pp. 155-160.
湯素華、久保信明、川西直、古川玲、大橋正良 (2012), "準天頂衛星を用いた協調測位手法のシミュレーション評価", 2012年電子情報通信学会総合大会ソサイエティ大会. , pp. A-17-12.
湯素華、長谷川晃朗、柴田達雄、大橋正良 (2012), "Realizing Fair Sharing of WLAN Channels in the Presence of Legacy Devices", 信学技報(RCS). Vol. 111, pp. 123-128.
大橋正良、川西直 (2011), "ユビキタス環境におけるネットワークロボットのサービス起動に関する一検討", 第73回情報処理学会全国大会., March, 2011. , pp. 3D-5.
宮森良昌、川西直、楠田厚史、山田玲子、大橋正良 (2011), "SNSのeラーニングへの応用 -ユーザーグループとクラス管理の独立性-", 2011年電子情報通信学会総合大会., March, 2011. , pp. D-15-24.
川西直、宮森良昌、楠田厚史、大橋正良 (2011), "ユビキタスサービスプラットフォームにおけるリソース指向ライフログ流通基盤", 信学技報(LOIS研究会)., March, 2011. Vol. 110(450), pp. 43 - 48.
川西直、鈴木誠、宮森良昌、楠田厚史、大橋正良 (2011), "ユビキタスサービスプラットフォームにおけるリソース指向インタフェースを用いたライフログ情報の流通に関する一検討", 2011年電子情報通信学会総合大会., March, 2011. , pp. D-9-19.
Tang S, Hasegawa A, Shibata T and Ohashi M (2011), "Realizing Fair Sharing of WLAN Channels in the Presence of Legacy Devices", 信学技法(RCS). Vol. RCS2011-253, pp. 123-128.
大橋正良、川西直、宮森良昌、楠田 厚史 (2011), "ユビキタス環境におけるプライバシ保護の一検討", 2011年電子情報通信学会総合大会., March, 2011. , pp. B-20-53.
大橋正良 (2011), "ユビキタスパーク実証実験報告(CUBIQプロジェクト)", 2011年電子情報通信学会総合大会., March, 2011. , pp. BI-5-3.
大橋正良 (2011), "東日本大震災を踏まえ、災害に強いICTシステムを考える", 信学技報(SRW)., August, 2011. Vol. 6(SRW2011-07), pp. 13-14.
古川 玲、澤 健太郎、玉井 森彦、川西 直、長谷川 晃朗、大橋 正良、小花 貞夫 (2011), "同時到達保証ネットワークの構想と課題", 平成23年度情報処理学会関西支部 支部大会. , pp. F-13.
川西直、宮森良昌、大橋正良 (2010), "多様なユーザプロファイルに対応したリソース指向データレポジトリの試作", 信学技法(LOIS研究会)., March, 2010. Vol. 109(LOIS-450), pp. 109-114.
大橋正良 (2010), "ユビキタスサービスプラットフォームのアーキテクチャ検討", 2010年電子情報通信学会総合大会., March, 2010. , pp. B-20-62.
川西直、 大橋正良 (2010), "センサデータストリームのためのRESTfulインタフェースに関する一検討,", 2010年電子情報通信学会総合大会., March, 2010. , pp. B-20-10.
大橋正良、川西直、宮森良昌、 楠田厚史、川原圭博、 アブドルハミドアマドカミル、浅見徹 (2010), "仮想化オープン移動通信システムの提案", 2010年電子情報通信学会ソサイェティ大会., September, 2010. , pp. B-16-5.
川西直、大橋正良、宮森良昌、 楠田厚史、川原圭博、 アブドルハミドアマドカミル、浅見徹 (2010), "全ストラタム仮想化によるオープン移動通信システムの構想", 信学技報(IA)., June, 2010. , pp. 55 - 59.
川西直、宮森良昌、大橋正良、楠田 厚史 (2010), "ユビキタスサービスプラットフォームにおけるプロファイル情報開示のためのプライバシ保護に関する一検討", 2010年電子情報通信学会ソサイエティ大会., September, 2010. , pp. B-7-32 .
大橋正良、川西直、宮森良昌、 楠田厚史 (2010), "ユビキタス環境におけるプライバシ保護に関する一検討", In SITA2010. 松代, December, 2010. , pp. 421-425.
川西直、宮森 良昌、大橋正良 (2009), "ユーザプロファイル情報を管理するためのリソース指向データレポジトリの検討", 情報処理学会UBI研究会., July, 2009. Vol. Vol.2009-UBI-23(15), pp. 1 - 8.
大橋正良 (2009), "ユビキタスサービスプラットフォーム技術の構築に向けて", 情報処理学会MBL研究会., September, 2009. Vol. 2009-MBL-50(4)(1-6), pp. 1 - 6.
大橋正良 (2009), "ユビキタスサービスプラットフォームプロジェクトCUBIQの紹介", In ユビキタスプラットフォームショーケース2009成果発表会(CEATEC JAPAN 2009). 幕張, October, 2009.
川西直、大橋正良 (2009), "連続的なセンシングデータに対するRESTインタフェースに関する一検討", 2009年電子情報通信学会総合大会., March, 2009. , pp. B-20-17.
宮森良昌、川西直、大橋正良 (2009), "センシングデータのイベント通知のためのRESTインタフェースに関する一検討", 2009年電子情報通信学会総合大会., March, 2009. , pp. B-20-18.
大橋正良、川西直 (2009), "UbilaからUSPF; ユビキタスネットワークアーキテクチャの検討課題", 2009年電子情報通信学会総合大会., March, 2009. , pp. BP-7-4.
川西直、千家雅之、新藤晃浩、杉山敬三、大橋正良、森川博之 (2008), "実空間における体験の共有を可能にする拡張型プレゼンス", 2008年電子情報通信学会総合大会., March, 2008. , pp. B-7-66.
大橋正良 (2008), "[招待講演]コンテキストアウェアサービスの普及に向けて", 信学技報(USN)., January, 2008. Vol. 107(447), pp. 43-48.
森川大補、小塚宣秀、南川敦宣、西山智、大橋正良 (2007), "携帯電話を利用したライフログ取得とSNSへの適用に関する一検討", 2007年電子情報通信学会総合大会., March, 2007. , pp. B-15-1.
大橋正良 (2007), "携帯サービスの技術開発動向", 電子情報通信学会総合大会MoMuCパネル企画., March, 2007. , pp. BP-3-4.
新藤晃浩、杉山敬三、大橋正良 (2007), "携帯電話における受信情報のユーザ指向統合管理機能の設計", 2007年電子情報通信学会ソサイエティ大会., September, 2007. , pp. B-15-1.
本庄勝、森川大補、西山智、大橋正良 (2006), "セマンティックスを用いた携帯端末で取得されるライフログ管理基盤の検討", IPSJ UBI 研究会., February, 2006. Vol. 2006-UBI-5-35, pp. 203-208.
本庄勝、森川大補、西山智、大橋正良 (2006), "Life-Pod システムにおけるオントロジーを利用したライフログ連想検索方式", 2006年電子情報通信学会総合大会., March, 2006. , pp. B-7-173.
本庄勝、森川大補、西山智、大橋正良 (2006), "携帯端末で取得されたライフログの連想検索に関する一検討", 信学技報(情報ネットワーク, ネットワークシステム)., March, 2006. Vol. IN2005-232, pp. 447-452.
本庄勝、森川大補、西山智、大橋正良 (2006), "携帯端末で取得したライフログの連想検索を目的としたLife-Podシステムにおける設計と実装", In DICOMO2006. 琴平温泉, July, 2006.
小塚宣秀、本庄勝、南川敦宣、森川大補、西山智、大橋正良 (2006), "RFIDリーダ付携帯を用いた簡単ライフログ登録システムの試作と実験", 信学技報(MoMuC)., November, 2006. Vol. MoMuC2006-56, pp. 17-22.
森川大補、本庄勝、西山智、大橋正良 (2006), "ユーザ情報を活用したサービス制御基盤の検討 -ユーザ情報の開示制御とその応用-", 信学技報(情報ネットワーク)., June, 2006. Vol. IN2006-24, pp. 43-47.
森川大補、本庄勝、西山智、大橋正良 (2006), "携帯電話を用いたユーザ活動履歴に基づくサービス提供基盤の設計と実装", 信学技報(マルチメディア・仮想環境基礎, コミュニケーションクオリティ, モバイルマルチメディア通信)., January, 2006. Vol. MoMuC2005-78, pp. 31-35.
丹羽美由紀、紙名哲生、武徳安、亀山啓輔、片岸一起、寅市和男、村上仁己、大橋正良 (2006), "ユビキタス・クラウドを記述するための理論的モデルの構築法に関する考察", 2006年電子情報通信学会総合大会., March, 2006. , pp. B-19-14.
大橋正良、福岡寛之、入内嶋洋一、塚原進、嶋崎佳史、小塚宣秀 (2006), "RFIDリーダ搭載携帯を用いた電子タグ実証実験報告", 2006年電子情報通信学会ソサイエティ大会., September, 2006. , pp. BS-13-4.
大橋正良、森川大補、本庄勝、西山智 (2006), "[招待講演]ユーザプロファイル管理とコンテキストアウェアサービス提供プラットフォーム", 信学技報(情報ネットワーク)., February, 2006. Vol. IN2005-150, pp. 43-48.
大橋正良 (2006), "コンテキストアウェアサービスにおける、データ生成・流通と提示", DBWeb 2006., In DBWeb 2006. 京都, December, 2006.
本庄勝、森川大補、山口明、大橋正良 (2005), "個人環境プロファイルと連携した実空間情報配信モデルの提案とその検討", 2005年電子情報通信学会総合大会., March, 2005. , pp. B-20-4.
本庄勝、森川大補、山口明、大橋正良 (2005), "個人環境プロファイルに基づく情報配信サービスモデルの検討", 信学技報(モバイルマルチメディア通信通信)., May, 2005. Vol. MoMuC2005-13, pp. 69-74.
Honjo M, Morikawa D, Yamaguchi A and Ohashi M (2005), "Profile Blog: Blog-based Life Log Viewer Capable of Integrating Dispersed User Profiles", In 1st Korea-Japan Joint Workshop on Ubiquitous Computing and Networking Systems (ubiCNS 2005)). Jeju Vol. 2005-UBI-8-(86), pp. 469-474.
本庄勝、森川大補、山口明、大橋正良 (2005), "Profile Blog : Blog をベースとした想起的なライフログ検索の実現", In DiCoMo2005. 花巻, July, 2005.
森川大補、本庄勝、山口明、大橋正良 (2005), "ユーザプロファイル情報のポリシベース開示制御に関する一検討", 2005年電子情報通信学会総合大会., March, 2005. , pp. B-20-5.
森川大補、嶋崎佳史、小塚宣秀、本庄勝、山口明、大橋正良 (2005), "アクティブタグ機能を有する携帯端末を活用した情報配信機構に関する一検討", 信学技報(ネットワークシステム, 情報ネットワーク)., March, 2005. Vol. NS2004-228, IN2004-228, pp. 159-164.
山崎升一、太田慎司、大橋正良 (2005), "物品位置階層情報生成方法の一考察", 2005年電子情報通信学会総合大会., March, 2005. , pp. B-15-21.
本庄勝、森川大補、山口明、大橋正良 (2004), "RDF記述化された個人環境プロファイルの統合利用について", 情処研報(MBL)., March, 2004. Vol. 2004-MBL-28-(7), pp. 47-53.
本庄勝、森川大補、小塚宣秀、山口明、大橋正良 (2004), "RDF記述化された個人環境プロファイルとURI統合に関する一検討", 2004年電子情報通信学会総合全国大会., March, 2004. , pp. B-15-2.
本庄勝、森川大補、小塚宣秀、山口明、大橋正良 (2004), "Weblogをベースとした個人環境プロファイルの可視化ツールの検討", 2004年電子情報通信学会ソサイエティ大会., September, 2004. , pp. B-15-5.
本庄勝、森川大補、小塚宣秀、山口明、大橋正良 (2004), "ユビキタス環境における個人環境プロファイル可視化ツール(Profile Blog)の検討", 信学技報(コミュニケーションクォリティ、MoMuC)., November, 2004. Vol. CQ2004-113, pp. 55-60.
小塚宣秀、入内嶋洋一、山口明、大橋正良、茂木信二、堀内浩規 (2004), "電子タグを用いたサービスプラットフォームの開発", 2004年電子情報通信学会総合全国大会., March, 2004. , pp. B-7-52.
森川大補、本庄勝、小塚宣秀、山口明、大橋正良 (2004), "個人環境プロファイルのデータ構造と更新手法", 2004年電子情報通信学会総合全国大会., March, 2004. , pp. B-15-1.
森川大補、本庄勝、山口明、大橋正良 (2004), "ユーザプロファイルに適合するポータル画面更新に関する一検討", 2004年電子情報通信学会ソサイエティ大会., September, 2004. , pp. B-6-65.
森川大補、本庄勝、山口明、大橋正良 (2004), "ユーザコンテクストに応じた携帯端末向けポータル画面更新に関する提案と実装", 信学技報(ネットワークシステム)., October, 2004. Vol. NS2004-139, pp. 25-28.
大橋正良、山口明、安田豊 (2004), "〔特別講演〕第3世代モバイルシステムにおけるサービス動向と展開", 信学技報(コミュニケーションクォリティ、MoMuC)., November, 2004. Vol. CQ2004-98, pp. 41-46.
清水章央、太田慎司、山崎升一、大橋正良 (2004), "異種メディア連携システムの携帯電話端末への実装", 情処研報(MBL). Vol. 2004-MBL-28-(5), pp. 31-37.
清水章央、太田慎司、山崎升一、大橋正良 (2004), "無線タグと携帯端末を利用した物品管理の一手法", 2004年電子情報通信学会総合全国大会., March, 2004. , pp. B-15-4.
山崎升一、太田慎司、清水章央、大橋正良 (2004), "階層位置管理システムの提案", 2004年電子情報通信学会総合全国大会., March, 2004. , pp. B-15-5.
山崎升一、太田慎司、山口明、大橋正良 (2004), "携帯端末を利用した位置管理システムの提案", 2004年電子情報通信学会ソサイエティ大会., September, 2004. , pp. B-15-1.
山口明、大橋正良、小塚秀宣、嶋崎佳史、森川大補、本庄勝、入内嶋洋一 (2004), "電子タグと携帯端末を用いるプレゼンスサービスの検討", 信学技報(MoMuC)., May, 2004. Vol. MoMuC2004‐1, pp. 1-5.
本庄勝、森川大補、山口明、大橋正良 (2003), "RFIDタグを活用したコンテキストアウェアサービスプラットフォームの検討", 2003年電子情報通信学会総合全国大会., March, 2003. , pp. B-7-10.
本庄勝、森川大補、山口明、大橋正良 (2003), "プロファイル情報とその統合利用技術に関する一検討", 2003年電子情報通信学会ソサイエティ大会., September, 2003. , pp. B-15-20.
森川大補、本庄勝、山口明、大橋正良 (2003), "ユーザ状況に基づいたプロファイル体系化およびその活用に関する一検討", 情処研報(UBI). Vol. 2003-UBI-2-(42), pp. 219-224.
森川大補、本庄勝、山口明、大橋正良 (2003), "ユーザコンテキスト情報の開示制御に関する一検討", 2003年電子情報通信学会総合全国大会., March, 2003. , pp. B-7-8.
森川大補、本庄勝、山口明、大橋正良 (2003), "ユーザ状況活用型サービス提供方式に関する一検討", 2003年電子情報通信学会ソサイエティ大会., September, 2003. , pp. B-7-39.
森川大輔、本庄勝、小塚宣秀、山口明、大橋正良 (2003), "複数の情報源から集約したユーザプロファイルの管理活用基盤の検討", 信学技報(ネットワークシステム、情報ネットワーク)., March, 2003. Vol. NS2003‐321, pp. 143-178.
森川大補、本庄勝、山口明、大橋正良 (2003), "ユーザコンテキストを活用したサービスプラットフォームの検討", 信学技報(ネットワークシステム研究会;情報ネットワーク研究会)., March, 2003. Vol. NS2002‐279 // IN2002 - 252, pp. 115-119.
森川大補、本庄勝、山口明、大橋正良 (2003), "コンテキストを活用したサービスプラットフォームの検討", In DiCoMo2003. 阿寒, June, 2003.
森川大補、本庄勝、山口明、大橋正良 (2003), "ユーザ状況に基づいた情報体系化とその利用に関する一検討", 情処研報(UBI). Vol. 93(93), pp. 69-74.
大橋正良 (2003), "第 4 世代モバイルとユビキタスサービスの展望", 信学技報(情報理論)., July, 2003. Vol. IT2003-16, pp. 37-42.
清水章央、太田慎司、山崎升一、大橋正良 (2003), "異種メディア連携システムの図形認識について", 2003年電子情報通信学会ソサイエティ大会., September, 2003. , pp. B-15-19.
清水章央、太田慎司、山崎升一、大橋正良 (2003), "異種メディア連携システムの提案", 2003年電子情報通信学会総合全国大会., March, 2003. , pp. B-15-23.
清水章央、太田慎司、山崎升一、大橋正良 (2003), "異種メディア連携システムの提案と評価", In DiCoMo2003. 阿寒, June, 2003.
山崎升一、太田慎司、大橋正良 (2003), "携帯電話向けコンテンツアップデートの一考察", 2003年電子情報通信学会ソサイエティ大会., September, 2003. , pp. B-15-18.
本庄勝、森川大補、山口明、大橋正良 (2002), "コンテキストの持つ精度・意味内容に関する検討", 2002年電子情報通信学会ソサイエティ大会., September, 2002. , pp. B-15-11.
井戸上彰、久保健、横田英俊、長谷川亨、大橋正良 (2002), "独立に管理されたMobile IPネットワーク間のローミング手順とその実装", 情処研報(MBL). Vol. 2002-MBL-22-5, pp. 31-38.
久保健、横田英俊、井戸上彰、長谷川亨、大橋正良 (2002), "モビリティエージェントの連携によるMobile IPデータ転送高速化に関する考察", 信学技報(MoMuC)., July, 2002. Vol. MoMuC2002-22, pp. 19-24.
久保健、横田英俊、井戸上彰、大橋正良 (2002), "モビリティエージェントの連携によるMobile IPデータ転送高速化に関する評価", 2002年電子情報通信学会ソサイエティ大会., September, 2002. , pp. SB-5-5.
森川大補、太田慎司、大橋正良 (2002), "ベストエフォート型移動通信網におけるストリーミングトラフィックの制御手法の検討", 情処研報(MBL)., March, 2002. Vol. 2002-MBL-20-22, pp. 161-168.
森川大補、本庄勝、山口明、大橋正良 (2002), "プライバシを考慮したコンテキストアウェアサービスプラットフォームに関する一検討", 2002年電子情報通信学会ソサイエティ大会., September, 2002. , pp. B-15-10.
森川大輔、太田慎司、大橋正良 (2002), "ベストエフォード型移動通信網におけるストリーミングトラフィックの制御手法の検討", 信学技報(アンテナ・伝播,無線通信,モバイルマルチメディア通信,マイクロ波,スペクトル拡散)., March, 2002. Vol. SST2001-150, pp. 161-168.
森川大補、太田慎司、大橋正良 (2002), "ベストエフォート型移動通信網におけるストリーミングトラフィック制御の検討", 2002年電子情報通信学会総合大会., March, 2002. , pp. B-7-97.
太田慎司、森川大補、山崎升一、大橋正良 (2002), "携帯電話向けコンテンツ閲覧・視聴システム", 情処研報(MBL). Vol. 2002-MBL-22-9, pp. 63-70.
太田慎司、森川大補、山崎升一、大橋正良 (2002), "携帯電話端末向けコンテンツ閲覧・視聴システムの提案", 2002年電子情報通信学会総合大会., March, 2002. , pp. B-5-10.
太田慎司、森川大補、山崎升一、大橋正良 (2002), "携帯電話端末向けコンテンツ閲覧・視聴システムの特性評価", 第1回 情報科学技術フォーラム(FIT2002)., September, 2002. , pp. M-70.
新保宏之、井戸上彰、大橋正良 (2002), "cdma2000 1x 無線リンク上でのTCPスループットに関するシミュレーション評価", 2002年電子情報通信学会ソサイエティ大会., September, 2002. , pp. B-6-23.
山崎升一、太田慎司、大橋正良 (2002), "携帯電話向けコンテンツダウンロードの一考察", 2002年電子情報通信学会ソサイエティ大会., September, 2002. , pp. B-15-9.
横田英俊、久保健、井戸上彰、大橋正良 (2002), "IEEE802.1X認証との連携によるIPモビリティ提供手法に関する一考察", 2002年電子情報通信学会ソサイエティ大会., September, 2002. , pp. SB-5-6.
森川大補、太田慎司、大橋正良 (2001), "モバイル向けコンテンツ変換ゲートウェイと協調したトラフィック制御手法の提案", 信学技報(MoMuC)., July, 2001. Vol. MoMuC2001-35, pp. 37-42.
森川大補、太田慎司、山崎升一、大橋正良 (2001), "モバイル向けコンテンツ変換ゲートウェイと協調したトラフィック制御方法", 2001年電子情報通信学会総合大会., March, 2001. , pp. B-7-218.
森川大補、太田慎司、大橋正良 (2001), "モバイルコンテンツ変換ゲートウェイを用いたトラフィック制御システム", 2001年電子情報通信学会ソサイエティ大会., September, 2001. , pp. B-7-27.
大橋正良、渡辺文夫 (2001), "第3世代移動通信サービスの展開と基盤技術", 信学技報(情報ネットワーク)., May, 2001. Vol. IN2001-14, pp. 97-103.
森川大補、太田慎司、蕨野貴之、中村初、岩下秀章、渡辺文夫、大橋正良 (2000), "モバイルマルチキャスト動画像配信制御方式の検討", 2000年電子情報通信学会ソサイエティ大会., September, 2000. , pp. B-7-62.
森川大補、太田慎司、蕨野貴之、中村初、岩下秀章、大橋正良、渡辺文夫 (2000), "携帯端末向けWebページ変換方式の検討", 2000年電子情報通信学会総合大会., March, 2000. , pp. B-5-175.
森川大補、太田慎司、蕨野貴之、中村初、岩下秀章、大橋正良、渡辺文夫 (2000), "携帯端末向けWebページ変換方式", MoMuC-J6., In 第6回モバイルマルチメディア通信ワークショップ(MoMuC-J6). YRP, March, 2000.
大橋正良、根本隆史、鈴木克典、工藤理夫 (2000), "ANSIシステム用R-UIMに関する検討", 2000年電子情報通信学会総合大会., March, 2000. , pp. B-7-174.
太田慎司、森川大補、中村初、蕨野貴之、岩下秀章、渡辺文夫、大橋正良 (2000), "モバイルWebアクセスにおける画像フォーマット変換制御方法", 2000年電子情報通信学会ソサイエティ大会., September, 2000. , pp. B-5-43.
太田慎司、中村初、森川大補、蕨野貴之、岩下秀章、大橋正良、渡辺文夫 (2000), "移動マルチメディアデータ変換システムの基本アーキテクチャ", 2000年電子情報通信学会総合大会., March, 2000. , pp. B-5-174.
蕨野貴之、太田慎司、森川大補、中村初、岩下秀章、大橋正良、渡辺文夫 (2000), "移動通信環境を考慮したビデオストリーム変換制御方式に関する一検討", 2000年電子情報通信学会ソサイエティ大会., September, 2000. , pp. B-5-44.
蕨野貴之、太田慎司、森川大補、中村初、岩下秀章、大橋正良、渡辺文夫 (2000), "移動通信環境を考慮したビデオストリーム変換制御方式の検討", 2000年電子情報通信学会総合大会., March, 2000. , pp. B-5-176.
伊藤嘉彦、太田慎司、井戸上彰、大橋正良 (1999), "Mobile IPの網間認証方式拡張の検討", 1999年電子情報通信学会総合大会., March, 1999. , pp. B-7-74.
太田慎司、大橋正良 (1999), "位置情報提供システムにおけるアクセス制御方式の検討", 1999年電子情報通信学会総合大会., March, 1999. , pp. B-7-130.
伊藤嘉彦、大橋正良 (1998), "移動機間ユーザ情報転送のための要求条件の検討", 1998年電子情報通信学会ソサイエティ大会., September, 1998. , pp. B-5-63.
太田慎司、大橋正良 (1998), "移動パケット通信網における加入者情報提供型付加サービスに関する検討", 情処研報(MBL)., September, 1998. Vol. 98, No.83, pp. 39-46.
太田慎司、伊藤嘉彦、大橋正良 (1998), "移動パケット通信網における付加価値サービスに関する検討", 1998年電子情報通信学会ソサイエティ大会., September, 1998. , pp. B-5-119.
太田慎司、大橋正良 (1998), "ダウンロード型プログラムを利用した移動パケット通信サービスの提供方法に関する検討", 1998年電子情報通信学会総合大会., March, 1998. , pp. B-5-212.
平田康夫、大橋正良 (1997), "誤り訂正符号化技術の基礎", 1997年電子情報通信学会総合大会., March, 1997. , pp. STA-3-3.
伊藤嘉彦、山口明、太田慎司、大橋正良、渡辺文夫 (1997), "PDC/GSMローミング用シグナリング制御ノードの開発", 1997年電子情報通信学会ソサイエティ大会., September, 1997. , pp. B-5-125.
伊藤嘉彦、山口明、太田慎司、大橋正良、渡辺文夫 (1997), "PDC/GSMローミングにおけるモード切替", 1997年電子情報通信学会総合大会., March, 1997. , pp. B-5-190.
大橋正良、山口明、太田慎司、伊藤嘉彦、渡辺文夫 (1997), "グローバルローミングIWFの基本検討", 1997年電子情報通信学会ソサイエティ大会., September, 1997. , pp. B-5-105.
太田慎司、山口明、伊藤嘉彦、大橋正良、渡辺文夫 (1997), "異種移動通信システム間ローミングにおけるルーティング方式", 1997年電子情報通信学会ソサイエティ大会., September, 1997. , pp. B-5-107.
太田慎司、山口明、伊藤嘉彦、大橋正良、渡辺文夫 (1997), "PDC/GSM間グローバル・ローミングにおけるインターワーキング・ノードに関する検討", 信学技報(アンテナ・伝播、マイクロ波、 環境電磁工学、 無線通信システム)., February, 1997. Vol. A・P96-156 // EMCJ96-91 // RCS96-170 // MW96-196, pp. 49-55.
太田慎司、伊藤嘉彦、山口明、大橋正良、渡辺文夫 (1997), "PDC/GSMローミングにおける付加サ-ビスの提供について", 1997年電子情報通信学会総合大会., March, 1997. , pp. B-5-189.
山口明、伊藤嘉彦、太田慎司、大橋正良、渡辺文夫 (1997), "PDC/GSMローミングにおける再開機能の連携管理", 1997年電子情報通信学会総合大会., March, 1997. , pp. B-5-188.
山口明、太田慎司、大橋正良、伊藤嘉彦、渡辺文夫 (1997), "異種移動通信システム間移動管理連携方式-PDC/IS-41ローミング-", 1997年電子情報通信学会ソサイエティ大会., September, 1997. , pp. B-5-106.
伊藤嘉彦、太田慎司、山口明、鈴木利則、大橋正良、渡辺文夫 (1996), "PDC/GSM間インタワ-キングノードの構成", 1996年電子情報通信学会ソサイエティ大会., September, 1996. , pp. B-428.
大橋正良 (1996), "パーソナル移動通信におけるユーザ管理に関する一検討", 電子情報通信学会ユニバーサル・パーソナル通信基礎研究会., October, 1996. , pp. unknown.
太田慎司、山口明、伊藤嘉彦、鈴木利則、大橋正良、渡辺文夫 (1996), "PDC/GSM間インタワ-キングのための着信機能", 1996年電子情報通信学会ソサイエティ大会., September, 1996. , pp. B-430.
山口明、伊藤嘉彦、太田慎司、鈴木利則、大橋正良、渡辺文夫 (1996), "PDC/GSM間インタワ-キングのためのロ-ミング移動管理機能", 1996年電子情報通信学会ソサイエティ大会., September, 1996. , pp. B-429.
山口明、鈴木利則、大橋正良、渡辺文夫、伊藤嘉彦、太田慎司 (1996), "移動通信システム間ロ-ミング用ICカ-ドに関する一考察", 1996年電子情報通信学会総合大会., March, 1996. , pp. B-526.
野寺義彦、山口明、大橋正良 (1995), "異種移動通信網間ロ-ミングのための網構成", 1995年電子情報通信学会ソサイエティ大会., September, 1995. , pp. B-218.
大橋正良、酒井清一郎、鈴木利則 (1995), "FPLMTSにおけるID秘匿に関する検討", 1995年電子情報通信学会総合大会., March, 1995. , pp. B-324.
大橋正良、野寺義彦、山口明、鈴木利則、渡辺文夫、水野俊夫 (1995), "異種移動通信網間ロ-ミングにおけるセキュリティの確保", 1995年電子情報通信学会ソサイエティ大会., September, 1995. , pp. B-220.
太田慎司、大橋正良、伊藤嘉彦 (1995), "移動通信環境におけるPersonal Agent間の協調について", 1995年電子情報通信学会ソサイエティ大会., September, 1995. , pp. B-228.
鈴木利則、大橋正良、渡辺文夫 (1995), "スマートカードを用いた認証システムの開発とインターネットへの応用", 情処研報(システムソフトウェアとオペレーティング・システム)., November, 1995. Vol. 95, No.115, pp. 25-30.
山口明、大橋正良、野寺義彦 (1995), "異種移動通信網間ロ-ミングにおける識別子・番号マッピング", 1995年電子情報通信学会ソサイエティ大会., September, 1995. , pp. B-219.
大橋正良、鈴木利則 (1994), "FPLMTSにおけるロ-ミング時認証の検討", 1994年電子情報通信学会春季大会., March, 1994. , pp. B-474.
酒井清一郎、山口明、鈴木利則、大橋正良、渡辺文夫、水野俊夫 (1994), "FPLMTS網ア-キテクチャにおけるINの関わり方の比較検討", 1994年電子情報通信学会春季大会., March, 1994. , pp. B-466.
鈴木利則、大橋正良 (1994), "ICカ-ドを用いた分散処理型認証システムの開発", 信学技報(交換システム; 情報ネットワ-ク; 通信方式)., September, 1994. Vol. SSE94-108 // IN94-76 // CS94-107, pp. 105-110.
鈴木利則、大橋正良 (1994), "スマ-トカ-ドを用いた分散処理型認証システムの開発", 1994年電子情報通信学会秋季大会., September, 1994. , pp. B-680.
山口明、太田慎司、酒井清一郎、武内良男、大橋正良、江田紀一、堀部晃二郎 (1994), "PHSシステムの国際通話機能確認試験", 1994年電子情報通信学会秋季大会., September, 1994. , pp. B-266.
椿山英樹、大橋正良、古賀敬一郎 (1993), "ICカ-ドを利用した相互認証/暗号鍵配送システム", 1993年電子情報通信学会春季大会., March, 1993. , pp. A-284.
水野俊夫、大橋正良 (1992), "衛星通信回線におけるブロック誤り率の評価", 1992年電子情報通信学会秋季大会., September, 1992. , pp. B-143.
大橋正良 (1992), "逐次復号に適した畳込み符号の構成の検討", 信学技報(情報理論)., January, 1992. Vol. IT91-98, pp. 1-4.
大橋正良、鈴木利則 (1992), "小型スタック逐次復号ボ-ドの試作", 1992年電子情報通信学会秋季大会., September, 1992. , pp. B-142.
大橋正良、鈴木利則 (1992), "小型スタック逐次復号ボードの試作", 第15回SITA., In 第15回情報理論とその応用シンポジウム(SITA'92). 水上温泉, September, 1992. , pp. 29-32.
鈴木利則、大橋正良 (1992), "ビット誤り率を最小にするトレリス符号化8相PSK方式の探索", 1992年電子情報通信学会秋季大会., September, 1992. , pp. SA-8-5.
鈴木利則、大橋正良 (1992), "遷移関数に基づいた8PSK符号化変調方式のユ-クリッド距離特性の解析", 1992年電子情報通信学会春季大会., March, 1992. , pp. A-334.
鈴木利則、大橋正良 (1992), "重みを考慮したトレリス符号化8相PSK方式の探索", 第15回SITA., In 第15回情報理論とその応用シンポジウム(SITA'92). 水上温泉, September, 1992. , pp. 97-100.
椿山英樹、大橋正良、古賀敬一郎 (1992), "パ-ソナル通信用相互認証/暗号鍵配送方式", 1992年電子情報通信学会秋季大会., September, 1992. , pp. A-182.
大橋正良 (1991), "フィ-ドバック付き畳込み組織符号の拘束長に対する逐次復号特性", 1991年電子情報通信学会春季全国大会., March, 1991. , pp. A-280.
椿山英樹、大橋正良、古賀敬一郎 (1991), "無線パ-ソナル通信の認証方法に関する考察", 1991年電子情報通信学会秋季大会., September, 1991. , pp. B-448.
椿山英樹、大橋正良、古賀敬一郎 (1991), "無線パ-ソナル通信におけるセキュリティ", 信学技報(通信方式; 無線通信システム)., June, 1991. Vol. CS91-19 // RCS91-9, pp. 15-22.
大橋正良 (1990), "列距離関数特性の優れた高符号化率畳込み組織符号の構成に関する一検討", 信学技報(情報理論)., October, 1990. Vol. IT90-70 // SAT90-44, pp. 23-29.
大橋正良、安田豊 (1990), "ビット誤り率を最小化する畳込み符号の復号アルゴリズムとその評価", 信学技報(情報理論)., March, 1990. Vol. IT89-88, pp. 35-40.
大橋正良 (1990), "列距離関数特性の優れた高符号化率畳込み組織符号の構成に関する一検討", 1990年電子情報通信学会秋季全国大会., October, 1990. , pp. SA-7-2.
大橋正良、安田豊 (1990), "ビット誤り率を最小化する畳込み符号の復号法の特性評価とその応用", 1990年電子情報通信学会春季全国大会. , pp. A-270.
大橋正良、安田豊 (1989), "最適列距離関数特性を有するフィードバック付き畳込み組織符号", 第12回SITA., In 第12回情報理論とその応用シンポジウム(SITA'89). 犬山, December, 1989. Vol. 1, pp. 7-12.
大橋正良、安田豊 (1989), "符号化率可変スタック逐次復号器の試作とその特性", 1989年電子情報通信学会春季全国大会., March, 1989. , pp. B-207.
大橋正良、安田豊 (1989), "パンクチャド符号のカタストロフィック性に対する検討", 1989年電子情報通信学会秋季全国大会., September, 1989. , pp. A-69.
大橋正良、安田豊 (1989), "符号化率可変スタック逐次復号器の試作", 信学技報(情報理論; 衛星通信; 通信方式)., January, 1989. Vol. IT88-95 // SA88-76 // CS88-104, pp. 57-62.
大橋正良、安田豊 (1989), "フィ-ドバック付きたたみ込み符号の検討", 信学技報(情報理論). Vol. IT89-5, pp. 31-36.
大橋正良、安田豊 (1989), "二重符号化方式への衛星通信の適用に関する検討", 信学技報(衛星通信)., July, 1989. Vol. SAT89-19, pp. 5-10.
菅谷史昭、大橋正良、安永正幸、安田豊 (1989), "ETS-V L/L中継器を介した航空機通信実験", 1989年電子情報通信学会春季全国大会., March, 1989. , pp. B-246.
安田豊、大橋正良 (1989), "ビタビ復号用パンクチャド符号とその応用", 信学技報(情報理論; 衛星通信; 通信方式)., January, 1989. Vol. IT88-83 // SAT88-64, pp. 31-38.
大橋正良、安田豊 (1988), "フィ-ドバック付たたみ込み組織符号を用いたシンドロ-ム逐次復号法", 昭和63年電子情報通信学会春季全国大会., March, 1988. , pp. A-181.
大橋正良、安田豊 (1988), "フィ-ドバック付たたみ込み組織符号を用いたシンドロ-ム逐次復号法", 信学技報(情報理論)., May, 1988. Vol. IT88-13, pp. 29-34.
大橋正良、安田豊 (1988), "符号器の異なる等価なたたみ込み符号に対するビタビ復号とその特性", 昭和63年電子情報通信学会秋季全国大会., September, 1988. , pp. A-61.
大橋正良、安田豊 (1987), "高符号化率符号の復号に適したダミービット挿入型逐次復号法", 信学技報(情報理論)., September, 1987. Vol. IT87-59, pp. 31-36.
Ohashi M and Yasuda Y (1987), "Dummy bit insertion type sequential decoding applicable for high rate convolutional codes", 第10回SITA., In 第10回情報理論とその応用シンポジウム(SITA'87). 江ノ島, November, 1987. (ED2-5), pp. 667-672.
大橋正良、安田豊、平田康夫 (1987), "ダミービット挿入型逐次復号法", 1987年電子情報通信学会秋季全国大会., In 電子情報通信学会秋季全国大会., November, 1987. , pp. 1.
大橋正良、菅谷史昭、安田豊 (1987), "ディジタル船舶地球局システムの海洋通信実験
-陸→船方向の伝送特性-"
, 昭和62年電子情報通信学会春季全国大会. , pp. 2251.
菅谷史昭、大橋正良、安田豊、冲中秀夫 (1987), "ディジタル船舶地球局システムの海洋通信実験
-オフセットQPSKとQPSK方式の伝送特性-"
, 昭和62年電子情報通信学会春季全国大会. , pp. 2252.
菅谷史昭、大橋正良、安田豊 (1987), "逐次復号の残留誤りパターンの実測結果とその評価", 信学技法(衛星通信、通信方式)., September, 1987. Vol. SAT87-28, CS87-68, pp. 63-70.
安田豊、大橋正良、菅谷史昭、冲中秀夫 (1987), "ディジタル海事衛星通信システムの海洋通信実験", 信学技法(衛星通信). Vol. SAT87-8, pp. 53-60.
安田豊、冲中秀夫、大橋正良、菅谷史昭、唐沢好男、平田康夫 (1987), "ディジタル船舶地球局システムの海洋通信実験
-実験概要-"
, 昭和62年電子情報通信学会春季全国大会. , pp. 2250.
安田豊、大橋正良 (1987), "ビタビ復号器の装置化と復号アルゴリズム", WCTA87., In WCTA87. 野田, July, 1987. (87-3)
安田豊、大橋正良、平田康夫 (1987), "ビタビ復号と逐次復号方式の特性と技術課題", 信学技法(情報理論). Vol. IT87-16, pp. 47-53.
平田康夫、大橋正良、安田豊 (1986), "符号化多値変調方式の特性とその適用について", 昭和61年電子情報通信学会春季全国大会. , pp. S16-1.
大橋正良、安田豊、平田康夫 (1986), "最尤復号法における符号化利得", 昭和61年電子情報通信学会春季全国大会. , pp. 1405.
大橋正良、平田康夫 (1986), "スタックアルゴリズムを用いた連続復号型逐次復号器の一構成法", 信学技報(情報理論)., May, 1986. Vol. IT86-16, pp. 51-56.
大橋正良、安田豊、平田康夫 (1986), "逐次復号法における初期枝捕捉に関する一検討", 信学部門全大. , pp. 203.
大橋正良、安田豊、平田康夫 (1986), "連続復号形スタックアルゴリズムによる逐次復号法の高符号化率たたみ込み符号に対する諸特性", 第9回SITA., In 第9回情報理論とその応用シンポジウム(SITA'86). 赤倉, November, 1986. , pp. 25-30.
大橋正良、平田康夫 (1985), "逐次復号法におけるビット誤り率特性", 第8回SITA., In 情報理論とその応用研究会第8回シンポジウム. 奈良, December, 1985. , pp. 44-49.
大橋正良、平田康夫 (1985), "逐次復号法におけるメトリック値の復号特性に与える影響", 信学部門全大., November, 1985. , pp. S1-5.
Matching entries: 0
settings...
大橋正良、大槻知明 (2012), "ユビキタスセンサネットワーク", 電子情報通信学会誌., September, 2012. Vol. 95(9), pp. 772-778.
大橋正良 (2011), "時の可視化手段としてのライフログ", 情報処理学会誌., June, 2011. Vol. 52(6), pp. 648.
大橋正良 (2006), "無線・ネットワーク", 画像電子学会誌., In 画像電子学会誌. Vol. 35, No.6, pp. 725-727.
大橋正良 (2004), "ユビキタス時代に向けた次世代モバイル通信の標準化動向", 電子情報通信学会誌. Vol. 87(5), pp. 418-423.
大橋正良 (2004), "セキュリティも改良された第3世代移動通信", CYBER SECURITY MANAGEMENT., February, 2004. Vol. 1月号, pp. 72-76.
大橋正良 (2004), "移動通信から無線LANのセキュリティを見る", CYBER SECURITY MANAGEMENT., February, 2004. Vol. 2月号, pp. 62-65.
渡辺文夫、大橋正良 (2004), "誌上セミナー 次世代モバイルシステムの技術と市場展望(5) ユビキタスへの広がり Beyond IMT-2000から始まる「人間中心」の枠組み作り", テレコミュニケーション., November, 2004. Vol. 21, No.11, pp. 104-107.
山口明、大橋正良 (2004), "無線・ネットワーク", 画像電子学会誌., In 画像電子学会誌. Vol. 33, No.6, pp. 917-919.
大橋正良 (2003), "移動通信システムの情報セキュリティ", CYBER SECURITY MANAGEMENT., December, 2003. Vol. 12月号, pp. 66-69.
荻原春生、大橋正良 (2001), "ターボ符号 : 連接符号化・繰返し復号", 電子情報通信学会誌., March, 2001. Vol. 84, No.3, pp. 184-188.
大橋正良 (2000), "高速モバイル・インターネットを実現する : 秋には標準仕様を作成へ, 新たな5.2Mbpsシステムも「HDR」", 情報処理学会誌., September, 2000. Vol. 41, No.9, pp. 1050-1051.
Warabino A, Ota S, Morikawa D, Ohashi M, Nakamura H, Iwashita H and Watanabe. F (2000), "Video transcoding proxy for 3G wireless mobile Internet access", IEEE Communications Magazine., October, 2000. Vol. Volume: 38, Issue: 10, pp. 66-71.
大橋正良 (1999), "コンピュータと通信: IMT-2000インターネットサービス", 情報処理学会誌., March, 1999. Vol. Vol.40 No.3, pp. 299-302.
伊藤嘉彦、山口明、太田慎司、大橋正良、渡辺文夫 (1998), "PDC/GSMローミングゲートウェイシステム", 国際通信の研究., March, 1998. Vol. 159, pp. 47-52.
大橋正良 (1998), "国際ローミングの現況と課題", 通信工業., June, 1998. Vol. 38(4), pp. 6-11.
大橋正良、渡辺文夫 (1998), "姿が見えてきたIMT-2000", KDDテクニカルジャーナル., July, 1998. Vol. 33, pp. 26-27.
堀部晃二郎、浅利輝男、江田紀一、大橋正良、武内良男、酒井清一郎、山口明、太田慎司 (1995), "PHS実用化実験", 国際通信の研究. Vol. 153, pp. 67-74.
中尾康二、大橋正良 (1994), "移動通信におけるセキュリティ技術", 画像電子学会誌., October, 1994. Vol. 23, No.5, pp. 407-415.
Ohashi M and Yasuda Y (1993), "Performance evaluation of a minimum bit error decoding algorithm of convolutional codes and its application", Electronics and Communications in Japan (Part III: Fundamental Electronic Science)., February, 1993. Vol. 76, Issue 3, pp. 83-90.
大橋正良、鈴木利則 (1992), "高能率逐次復号LSIボ-ドの開発", 国際通信の研究., September, 1992. Vol. 148, pp. 13-20.
大橋正良、水野俊夫 (1991), "符号理論の手ほどき:衛星通信技術への符号理論の応用", テレビジョン学会誌., October, 1991. Vol. 45(10), pp. 1291-1296.
大橋正良 (1988), "符号化率可変逐次復号装置", けんきゅう. Vol. No.51, pp. 11-15.
Ohashi M and Hirata Y (1987), "Estimation of bit error rate performance of sequential decoding", Electronics and Communications in Japan (Part I: Communications). Vol. 70 issue 11, pp. 90-96.
Matching entries: 0
settings...
大橋 正良 (2014), "スマートフォンを安全に使うためにわたしたちのできること", 第2回KDDI研究所-ISIT技術セミナー. March, 2014.
大橋 正良 (2014), "水平展開を目指したセンサネットワークの研究開発", OR学会九州支部第1回講演会@天神. July, 2014.
Ohashi M (2012), "Ubiquitous service platform and its evolution towards IoT infrastructure", In The 4th EU-Japan Symposium on the "New Generation Network" and the "Future Internet". Tokyo, January, 2012.
大橋 正良 (2012), "無線LANによるウェイクアップ受信モジュール ~スマートフォンでICT機器をコントロール~", けいはんな地域グリーンイノベーション成長産業振興・発展対策支援事業 第2回 組込みソフト交流サロン. 12, 2012.
Ohashi M (2012), "Service Platform Enhancement for IoT and Clouds", In EU-Japan Workshop for Future Research and Development Cooperation. Berlin, July, 2012.
大橋 正良 (2011), "モバイルによるライフログの医療データ貢献への可能性", 情報処理学会全国大会パネル. March, 2011.
大橋 正良 (2011), "ユビキタスネットワーク研究開発を振り返って", 東北大学特別講義. November, 2011.
大橋正良 (2010), "欧州のユビキタスプロジェクト(FP7 SENSEIプロジェクト等) の動向と今後の連携について", In ユビキタスネットワーキングフォーラムシンポジウム2010. 明治記念館, June, 2010.
大橋 正良 (2008), "SITA30年を迎えて -これまでの歩みと今後に向けて-", 第31回情報理論とその応用シンポジウム 基調パネル. December, 2008.
大橋 正良 (2008), "無線分散ネットワーク統合に関するトピック", 電子情報通信学会ユビキタス・センサネットワーク研究会 第7回研究会パネルディスカッション. October, 2008.
Ohashi M (2008), "History of national ubiquitous networking projects in Japan", In Japan-Finland Ubiquitous Meeting., December, 2008.
大橋正良 (2008), "ユビキタスネットワークの技術・管理技術の動向", In マルチメディア推進フォーラム PART 457., December, 2008.
大橋正良 (2008), "ユビキタスネット社会に向けた共通基盤技術と国際標準化への取組み -ユビキタスサービスプラットフォーム、端末技術-", In ユビキタスネット社会に向けたICT研究開発・国際標準化戦略に係る現状と今後の展望. 虎ノ門パストラル, July, 2008.
大橋正良 (2008), "ケータイdeライフログ -日常の情報を携帯でlogging -", In 電子情報技術産業協会 計算機システム技術分科会., December, 2008.
大橋正良 (2007), "KDDI研究所のユビキタスへの取り組み", In 独立法人日本学術振興会フォトニクス情報システム第179委員会. Tokyo, October, 2007.
大橋正良 (2007), "コンテキストアウェアネットワークのアーキテクチャ", In 新世代アーキテクチャ検討会 (AKARI合宿). 湯沢, September, 2007.
大橋正良 (2007), "いつでもどこでも何でもつながるネットワークの実現に向けて - ユビキタスネットワーク制御・管理技術(Ubila)プロジェクトの成果報告-", In UNS2007(Ubiquitous Network Symposium 2007). Tokyo, November, 2007.
大橋正良 (2007), "移動通信システムの今後の展開とデバイス技術革新への期待", JASVA_IP., In 社団法人日本半導体ベンチャー協会(JASVA) 第39回IP・設計委員会. 東京, January, 2007.
大橋正良 (2007), "安心・安全な社会実現に寄与するユビキタス技術の発展", In 第3回ICTフォーラム近畿~安全で安心できるユビキタスネット社会の実現に向けて~. 大阪, June, 2007.
Ohashi M (2007), "Ubiquitous Networking and ITS R&D Towards Safe and Ecological Society", In KJUS2007 (The 3rd Korea-Japan Joint Symposium on Ubiquitous IT System 2007). Tokyo, November, 2007.
Ohashi M (2007), "Challenges in Creating New Context Aware Ubiquitous Service", In CEC/EEE2007. Tokyo, June, 2007.
大橋正良 (2006), "携帯電話端末の発展とデバイス革新への期待", JASVA九州., In 社団法人日本半導体ベンチャー協会(JASVA) JASVA Day Kyusyu. 北九州国際会議場, November, 2006.
大橋正良 (2006), "RFID & ケータイが招く新しいライフスタイル", In 京都情報化フォーラム. 京都, October, 2006.
大橋正良 (2006), "RFIDとモバイル技術の融合が生み出す新しいライフスタイル", RIDEX2006., In RFIDソリューションEXPO専門セミナー. 東京ビッグサイト, June, 2006.
Ohashi M (2006), "KDDI Plan for “Ultra 3G”and IMT-Advanced", ICB3G., In 2006 The 5th ICB3G. Seoul Korea, September, 2006.
大橋正良 (2005), "[招待講演]ユビキタスネットワーク制御管理技術の現状と期待", 2005年テレコミュニケーションマネジメント ワークショップ., In 2005年テレコミュニケーションマネジメント ワークショップ. 石垣, March, 2005.
大橋正良 (2005), "ユビキタスネットワークのアーキテクチャについて", In 実空間指向ユビキタスネットワーク時限研究会(URON)第2 回ワークショップパネル. 東京, July, 2005.
大橋正良 (2005), "ユビキタスと医療の接点について", In 第17 回ITRC 研究会, パネル討論. 名古屋, May, 2005.
大橋正良 (2005), "安心安全な社会とICTに関する分科会「ユービキタスとモバイルの諸課題」", In 第19回蔵王国際セミナー. 蔵王, August, 2005.
Ohashi M (2005), "Panel: Trends in Ubiquitous computing; Ubiquitous Service Using RFID tag reader on a mobile terminal", In ISADS2005 (International Symposium on Autonomous Decentralized Systems 2005). 成都、中国, April, 2005.
中村元、渡辺文夫、大橋正良 (2004), "IEEE802無線LAN技術とモバイルインターネット
次世代携帯システム"
, In NetWorld+Interop 2004 Tokyo. 東京, July, 2004.
大橋正良 (2004), "コンテキスト&プロファイリング - Semantic Web活用アプローチ", In 第1回 実空間指向ユビキタスネットワークワークショップ. 東京, July, 2004.
大橋正良 (2004), "KDDIの第四世代移動通信の事業化動向", In ワイヤレス&モバイル戦略特別セミナー”第四世代移動通信の先端技術と事業化動向”. 明治記念館, July, 2004.
大橋正良 (2004), "ユビキタス社会の実現に向けて~Ubila(ユビラ)プロジェクトご紹介~", In HP WORLD Tokyo 2004. 東京, July, 2004.
渡辺文夫、大橋正良 (2004), "モバイルネットワークの将来", In IN/NS合同ワークショップ,. 沖縄, March, 2004. , pp. 53-73.
大橋正良 (2003), "3GPP2におけるセキュリティ標準化活動", In RSA conference JAPAN 2003. 東京, June, 2003.
大橋正良 (2003), "無線ネットワークの情報セキュリティ", In 中央大学COE講演会. 中央大学, June, 2003.
Ohashi M (2003), "Research on Ubiquitous services in mITF", In International Forum on 4G mobile communications. King's Colledge London, U.K., May, 2003.
山口明、大橋正良 (2003), "ユビキタスサービスの発展 ~電子タグと携帯とのmigration~", In 電子情報通信学会データ工学研究専門委員会 第2種研究会チュートリアル「電子タグとストリームデータ処理」., November, 2003.
大橋正良 (2002), "携帯電話と位置情報", In 情報処理学会第64回全国大会「特別セッション(2) ITS」., March, 2002.
大橋正良 (2002), "携帯電話用GPS: gpsOne", In 情報処理学会高度交通システム2002シンポジウム. 東京, January, 2002.
大橋正良 (2001), "4th Generation Mobile Communication", In IWS2001 (International Workshop on next generation internet and its applications). 東京, February, 2001.
大橋正良 (2001), "第3世代移動通信技術の動向と今後の展開 -北米系(3GPP2)技術を中心として", In 伝送工学研究会特別講演会(兼電子情報通信東北支部講演会). 東北大学, November, 2001.
大橋正良 (1999), "次世代映像メディアとしてのIMT-2000", In 1999年映像情報メディア学会年次大会., August, 1999.
大橋正良 (1999), "次世代移動パケットアーキテクチャ", In 国際シンポジウム"モバイルネットワーキング”. 早稲田大学、東京, July, 1999.
大橋正良 (1999), "モバイル技術の動向(IMT-2000など)", In 平成11年度情報処理学会中国支部講習会. 広島, November, 1999.
大橋正良 (1996), "移動体無線通信サービスの今後の動向", In 電子情報通信学会 東海支部 平成8年度専門講習会. 名古屋国際会議場, February, 1996.
Ohashi M (1996), "Wireless multimedia communication in Japan", In PIMRC'96 (Panel). Taipei, Taiwan ROC, October, 1996.
大橋正良 (1995), "FPLMTSのネットワークとセキュリティ", In 1995年情報理論とその応用学会シンポジウム(SITA95). 花巻温泉, October, 1995.
大橋正良 (1991), "逐次復号に適した畳込み符号の構成の検討", In ワークショップ「符号理論とその応用」. 愛媛大学, May, 1991.
Matching entries: 0
settings...
Ohashi M (2003), "Updates of “Mobile IT Forum (mITF) ” activities on systems beyond IMT-2000"
Ohashi M and Watanabe Y (2003), "Comments to 5.1 Security in S.P0077-0 “3GPP2 Vision”"
Ohashi M (1999), "Removable User Identity Module (R-UIM) functional Characteristics" Portland, August, 1999. (C00UIM-19990819-010)
Matching entries: 0
settings...
大橋正良(WGリーダとして取り纏め) (2006), "4G技術調査報告書(SP編)(Ver.1.1)", March, 2006.
大橋正良(WGリーダとして取り纏め) (2004), "A Book of Dokodemo Network", February, 2004.
大橋正良(WGリーダとして取り纏め) (2003), "FLYING CARPET Ver.1.00", May, 2003.
Matching entries: 0
settings...
大橋 正良 (1993), "衛星通信に適した畳込み符号の構成とその復号技術に関する検討". Thesis at: 京都大学., January, 1993.